ダウンロード
ニューロダーム社買収について 田辺三菱製薬
パーキンソン病の新しい治療方法
ニューロダーム社買収について 田辺三菱製薬.pdf
PDFファイル 1.9 MB

抜粋です詳しくはhttp://www.mt-pharma.co.jp/

   又は  http://www.mt-pharma.co.jp/ir/meeting/pdf/presen170724_M.pdf

 

田辺三菱製薬株式会社 ニュースリリースで

 

 

 

田辺三菱製薬によるニューロダーム社の買収手続き開始の合意について

田辺三菱製薬(2017年7月24日発表)

 ニューロダーム社は、パーキンソン病の治療薬に関して、新たな製剤研究や、医薬品と医療器具(デバイス)とを組み合わせる優れた技術開発力を有する医薬品企業です。現在、米国および欧州でフェーズ3に移行し、2019年度に上市が見込まれるパーキンソン病治療薬「ND0612」を中心に開発を推進しています。

 パーキンソン病の治療では、疾患の進行に伴い、代表的な治療薬であるレボドパの血中濃度を適切にコントロールすることが重要です。「ND0612」は、ニューロダーム社が有する製剤技術により、経口治療薬であるレボドパおよびカルビドパの液剤化に世界で初めて成功し、それらを携帯ポンプにより24時間持続的に皮下注射する製剤です。これによりレボドパの血中濃度を一定にコントロールし、進行したパーキンソン病患者さんにおいて問題となる運動症状の改善が期待されています。